おすすめ絵本紹介「おまめがっこう だいずぐみ」

 こんにちは!YOMO運営事務局です。

 2022年6月30日現在、YOMOで公開している作品は487作品となります。

 今回は、さく・え よこみち けいこさんの作品「おまめがっこう だいずぐみ」の紹介です。

▼説明

 おまめがっこうのだいずたちは「将来どんな食べ物になるか」学級会で話しあっています。ところがみんなの意見はばーらばら。そしてとうとうケンカになっちゃった!

 さあ、だいずぐみのみんなはどんな食べ物になるのでしょうか? 身近な食べ物が大豆でできていることを楽しく知ることができる、食育にもおすすめの絵本です。

▼作品情報

  •  対象年齢:4~5才
  •  ページ数:28ページ
  •  サイズ:H 257 mm × W 210 mm

▼レビュー 

 みなさんは大豆から出来ている食べ物といえば何を思い浮かべるでしょうか。豆腐?納豆?みそ?豆乳やきな粉も大豆からできています。

 このお話の主人公はおまめがっこうの生徒たち。学級会で卒業したら何の食材になるかみんなで話しあっている場面から始まります。みんな次々となりたい食材を提案していくのですが、なかなか決まりません。それは人間の世界でも同じかもしれません。

 そんな中、段々と意見がヒートアップして、とうとうケンカになってしまいます。多数決や投票といった手段がありますが、今回は「まめた」が活躍します。みんなが熱くなる中、ここで違う意見をだすことは、なかなか勇気がいりますが、まめたのみんなと同じものになりたいという気持ちがだいずぐみをひとつにしました。

 しかし、登場する食材が8種類以上でてくるので、どれにしようか迷ってしまうのも分かる気が・・・。食材が描かれているページは大豆の重要さが学べて、とてもためになるので、ぜひじっくり見てほしいです。

 このお話は、大豆から出来る食材を学べる食育という点と、みんなバラバラではなく、全員で力を合わせて、1つのことに取り組むという点で構成されています。お子様が将来、多くの可能性と自分らしさを持ってほしいという作者のメッセージなのかもしれません。

▼試し読みはこちらから

 いかがでしたでしょうか?

 この記事をご覧になって、作品を読んでみたいと思った方は、YOMOサイト会員登録(無料)すると、1度だけ全ページ試し読みができます。

 ぜひ、お子様と楽しく読んでみてくださいね!