おすすめ絵本紹介「おかあさんありがとう」

 こんにちは!YOMO運営事務局です。

 2021年10月27日現在、YOMOで公開している作品は382作品となります。

 今回は、さく・柴田理恵さん、え・塚本やすしさんの作品「おかあさんありがとう」の紹介です。

▼あらすじ

 ワハハ本舗の柴田理恵さんの初めての絵本です。 絵は絵本作品多数の塚本やすしさん。

 柴田理恵さんのお母さんのしつけが物語になっています。 昭和の時代のお母さん。

 あの頃のしつけは? パワフルな絵と共に贈る お母さん絵本です。

▼作品情報

  •  対象年齢:4~5才
  •  ページ数:32ページ
  •  サイズ:H 257 mm × W 182 mm

▼レビュー 

 みなさんが小さい頃のお母さんは、どんな方でしたか?

 厳しい、優しい、面白い。人それぞれ思い出があると思いますが、柴田理恵さんのお母さんはとても厳しかったそうです。

 お話を読んでいくと、中々ハードな教育方針ですが、何事にも全力で、厳しさだけでなく、優しいところもあり、子どもたちの事を考えているからこそ、皆から慕われていたのだなと感じました。

 また、柴田さんもそんなお母さんが大好きなんだなと伝わってくるのと同時に、自分自身も母親に感謝しないといけないなという気持ちにさせてくれます。

 テレビや舞台で見る柴田さんの印象は、パワフルで面白い方というイメージですが、絵本を読んでみて、お母さんの姿と似ているのかなと思い、お母さんの教育が今の柴田さんの元になっているのだとわかりました。

 この絵本を子どもたちが読んだときに、どのような感想を持つかはわかりませんが、成長したときに、感謝の言葉を持てるような大人になってほしいというメッセージが込められている作品ですので、ぜひ一度読んでみてくださいね!

▼試し読みはこちらから

 いかがでしたでしょうか?

 この記事をご覧になって、作品を読んでみたいと思った方は、YOMOサイト会員登録(無料)すると、1度だけ全ページ試し読みができます。

 ぜひ、お子様と楽しく読んでみてくださいね!